目次

お好み家電の探し方・・エアコンのせんさー・AIのレビュウ編

こんにちはitokoku.blogです。

家電修理歴35年の経験から、お好み家電の探し方を目指していきましょう

エアコンのセンサーやAIはどんな種類があるの
各メーカーのエアコンのセンサー・AIはどんなものが、あるかしりたいわ。

代表メーカーが出している、センサー・AIのレビュウ編

TOSHIBA(大清快)のエアコンのセンサー・AIのレビュウ

 AI・・全自動運転(リモコン、ボタンのAI快適ボタンを押します。)
  寒い季節も暑い季節も、温冷熱センサーが、人の体表温度と周辺温度を検知して
  暖房運転・冷房・風量を自動で切り替えて、一年中いつでも快適な、室内環境を保ちます。

 AI・・学習運転・・エアコンが運転内容を覚えて、お好みの運転をします。

PANASONIC(エオりア)のエアコンのセンサー・AIのレビュウ

 AI・・センサーの検知内容・運転履歴、などを分析・学習し、運転を最適化していく、
    人工知能です。

 人がいなくなったら節電運転へ。

 約3時間経っても、人が戻って来なかったら自動で運転をオフします。

MITSUBISHI(霧ヶ峰)のエアコンのセンサー・AIのレビュウ

 三菱電機(霧ヶ峰)と言えばゴルファーの宮里あいさんで、おなじみのムーブアイですよね。

 そしてムーブアイをさらに進化させた、ムーブアイMirA・I+(ムーブアイミライプラス)
 ですね。
 ムーブアイMirA・I+(ムーブアイミライプラス)
  人の居場所や動きを見つめて快適を届けます。
  不在を検知したら、運転をオフします。
  一人ひとりの暑い‣寒いの感覚を手先・足先の温度変化から、見分けて風を吹き分けます。
  360度センシングして、死角になりがちな、お部屋の隅の温度や、室温に大きな影響を
  与える窓からの、熱の侵入も検知します。

おまかせAI自動運転(リモコンボタン)を押すと一日中、快適が続く様にAIがちょうどいい運転
に切り替えます。

HITACHI(白くまくん))のエアコンのセンサー・AIのレビュウ。

「くらしカメラAI」がお部屋にいる人を識別して、それぞれの在室時間を把握。体感温度の変化
 を、予測し人が不快と感じるまえに、暑い・寒いの感じかたに合わせて、調節します。

人がいなくなると、控えめ運転や自動停止します。

換気のタイミングをAIが判断し、自動で音声でしらせます。

DAIKIN(うるさらX)のエアコンのセンサー・AIのレビュウ 

センシング(160度ワイドレンジ)で室内の床・壁の温度を、検知・推測し、エアコンが記憶
した運転内容も参考にしながら、自動運転します。

FUJITSU(ノクリア)のエアコンのセンサー・AIのレビュウ

AIがあなたにあわせた快適を学習し、温度と速さの異なる「ハイブリッド気流」でお部屋の
 すみずみまで、快適にします。

エアコンのセンサー・AIのまとめ。

エアコンのセンサー・AIのまとめ

センサーは最初にMITSUBISHI(霧ヶ峰)にそれとPANASONIC(エオりア)が最初だったと
記憶していますが。この頃は各メーカーもAI(人口知能)と結びつけてセンサーもつけて
いるようです。