目次

お好み家電の探し方・・エアコンの清潔・洗浄のレビュウ編

こんにちはitokoku.blogです

家電修理歴35年の経験から、お好み家電の探し方を目指していきましょう。

エアコンの掃除はどうなっているの

各メーカーのエアコンの清潔・洗浄のやり方をしりたいわ。

各メーカーのエアコンのエアコンの清潔・洗浄のレビュウ

代表メーカーのエアコンの清潔・洗浄のレビュ

TOSHIBA(大清快)のエアコンの清潔・洗浄のレビュウ

汚れやすい熱交換器表面も、特殊なコーティングにより、冷房・除湿運転時に発生する結露水で
付着した汚れや付着カビをあらいながします。 

運転停止後には「セルフクリーン」運転で送風路ないを自動乾燥します。

熱交換器の汚れは排水ホースから屋外へ排出されます。

汚れが気になる時は、手動お掃除(リモコンのお掃除ボタンをおします)「1リットル洗浄」
清掃します。
  1時間当たり約1リットルの、水で強力洗浄
  プラズマ空清でオゾン洗浄
  加熱乾燥で、カビ等の原因となる湿気を取り除きます。

PANASONIC(エオりア)のエアコンの清潔・洗浄のレビュウ

熱交換器表面(切断面)にまで独自のコーティングを施し、カビの栄養分となるほこりや
油汚れをはじきます。

送風ファンもコーティングを施しています。よん

運転後は熱交換器をしっかり加熱して乾燥し、ナノイーXをすみずみまで充満させ、清潔を
キープします。
(ナノイーXとは・・空気中の水分に、高電圧を加える事で生成されるナノサイズの微粒子
  イオンの事です。)

MITSUBISHI(霧ヶ峰)のエアコンの清潔・洗浄のレビュウ

「汚れんボディ」でエアコン内部の清潔を保ちます。

熱交換器・送風ファン‣通風路にハイブリッドナノコーティングを、施しほこりの付着を
防ぎます。

「外せるボディ」なら手の届きにくい所まで掃除できます。・・・左右風向フラップが開閉でき
  通路の中まで手が届くから、ファンの掃除も簡単に出来ます。う~んいいですね。

HITACHI(しろくまくん)のエアコンの清潔・洗浄のレビュウ

「凍結洗浄」・・・内機の熱交換器洗浄
  1・・熱交換器を56℃まで加熱して(暖房運転でファン停止)油汚れをはがします。
  2・・熱交換器を-15℃で凍らせ(冷房運転でファン停止)汚れをつかまえます。
  3・・一気に溶かし、汚れを洗い流します。

「ファンお掃除ロボ」
  ファン掃除専用ブラシでファンの汚れを清掃します。

排水トレーも凍結洗浄」します。

風の通風路に銅合金を設置し、汚れがつきにくく清潔にたもちます。 

フラップも銅合金です

銅合金は帯電しにくい為。汚れを防ぐ効果があります。

DAIKIN(うるさらX)のエアコンの清潔・洗浄のレビュウ

「ストリーマ内部クリーン」
  熱交換器や吹き出し口の内部にストリーマを、照射。エアコン内部のカビ・においの
  原因菌を抑制します。

ストリーマとは・・水内部クリーン(加湿水洗浄/結露水洗浄)
  無給水加湿機能を利用して作った水で熱交換器の汚れを洗浄します。
  さらにストリーマ照射や送風乾燥・加熱乾燥を行い、エアコン内部をきれいにします。

「定期自動クリーニング」
  エアコンを運転しない日が15日間続くと、ストリーマ内部とフイルター自動お掃除を
  実施。しばらく使わない時も、エアコン内部をきれいにたもちます。

水で汚れが落ちやすい、セルフウオシュ熱交換器を採用(油をはじき、さびにくい3層コートを
 採用)

防カビ加工ファンも採用しています

FUJITSU(ノクリア)のエアコンの清潔・洗浄のレビュウ

冷房でできた水滴で、汚れを浮かせて、洗い流します。
洗い流した水分を55℃以上に加熱。
熱いお湯による、湿熱効果でカビ菌・雑菌を除菌します。

ハイドロフイリック熱交換器で防カビ・抗菌コーティングを施しています。

SHARP(エアレスト)のエアコンの清潔・洗浄のレビュウ

熱交換器に有機系親水性コートを施しドレン水と共に汚れを室外に洗いながします。

ファンに帯電防止剤をぬりこむことで、ほこりの付着を約80%低減します。

送風路とドレンパンに防カビ加工を、施しています。

エアコンの停止中に、温度20℃・湿度70%を上回ると運転をONします。
  ファンを逆回転させて、エアコン内部の空気を動かすと、ともに、高濃度イオン
  (プラズマクラスター)で満たし、カビの発生を防ぎます。

ルーバーやダストボックスが、工具なしで、簡単に取り外せます。またエアコン内部
 も凹凸が少ない構造でサッとふけ掃除しやすくしています。 

各メーカーのエアコンの清潔・洗浄のまとめ

ひと昔前のエアコンは清潔・洗浄のことは、ほとんど考えませんでした。
でも、今は違います、室内の空気清浄・室内機本体の清潔・洗浄・室内の環境を、
 観察するセンサー・AI機能等が重要視されています。
そしてファン等まで手が届くようになって、使用者が掃除出来るようにまでなりました。

エアコンの最終形態はどこなんでしょう。

上記機能はすべての機種に入っているものではありません。詳しくはカタログ等で確認願います。

以上で各メーカーのエアコンの清潔・洗浄のレビュウはおわりです。

itokoku.blogでした。