目次

お好み家電の探し方・・寒冷地仕様のエアコンのレビュウ

こんにちは、itokoku.blogです。

家電修理歴35年の経験から、お好み家電を探して行きましょう。

みよ子

寒冷地仕様のエアコンはどんな、特徴があるの。

各メーカーのエアコンの特徴を知りたいわ?

寒冷地仕様のエアコンの特徴のレビュウ

寒冷地仕様のエアコンは、なんと言っても暖房能力の高さです。

次の項目の各メーカーのエアコンの違いを紹介します。

 1・吹き出し温度又は床の温度

 2・霜取りのやりかた。
  暖房時は外機の熱交換に霜が付きます。外気温が低いほど付きやすく、なります。
  エアコンはこの霜を取らないと、充分な暖房能力が得られません。
  各メーカーがこの霜取りを、どうしているか、比べてみましょう。

 3・各メーカーの、上記以外の特徴を紹介します。

1・各メーカーの吹き出し温度・・床の温度(順不同)

 MITSUBISHIの寒冷地仕様のエアコン(愛称・・ズバ暖)
  足元・・最高温度40℃
  外気温・-15℃に下がっても、最高約60℃の吹き出し温度。
  外気温・-20℃に下がっても、最高約55℃の吹き出し温度。

  大容量コンプレッサーが、パワフルに運転します。
  コンプレッサーに凍結防止ヒーター搭載。

 PANASONICの寒冷地仕様のエアコン(愛称・・フル暖)

  足元の温度最高約43℃。
  外気温-25℃でも、約55℃の吹き出し温度。

  凍結防止ヒーター搭載。

 HITACHIの寒冷地仕様のエアコン(愛称・・メガ暖)
  外気温-15℃でも約60℃の吹き出し温度。

  凍結防止ヒーター搭載。

TOSHIBAの寒冷地仕様のエアコン(愛称・・暖太郎)

  吹き出し温度約55℃
  足元温度約38℃

 DAIKINの寒冷地仕様のエアコン(愛称・・スゴ暖)
  最大60℃の高温度モード搭載。

 FUJITSUの寒冷地仕様のエアコン
  高温風60℃の吹き出し温度。
  足元温度40℃。

2・霜取りのレビュウ(順不同)

 MITSUBISHIの寒冷地仕様のエアコンの霜取りについて

  「快適ノンストップ暖房」で霜取り中も暖かさが途切れません。

  「デュアルオンデフロスト回路」・・室外機の熱交換機が半分ずつ交互に
   霜取りをし、片方が霜取りをしてる間、残りの半分で暖房を続けます。

PANASONICの寒冷地仕様のエアコンの霜取りについて

霜取り運転中も暖房が止まらない。
  排出していた熱を蓄熱(アルミ蓄熱機)
  暖房強化ならではの必要に応じてヒーターが自動でON、霜取りをアシストします。

HITACHIの寒冷地仕様のエアコンの霜取りについて

  霜取り運転時間を短縮して、お部屋が寒くなりにくい。
  {リバースファンデフロスト暖房}・・室内機と室外機のファンを、逆回転させ、
   熱交換機に風を当てることで、霜取り運転時間を約25%短縮させます。
   コンプレッサーの熱と凍結防止ヒーターの熱も利用して霜を素早くとかします。

TOSHIBAの寒冷地仕様のエアコンの霜取りについて

  プレホット除湿・・除湿運転前に設定温度を一時的に上げ、室温を上昇させることで
    除湿中の室温低下を緩和します。


DAIKINの寒冷地仕様のエアコンの霜取りについて

 凍結・霜付きを抑える室外機設計
  凍結ドレン板ヒーターを搭載し
  停止中も室外機ファンを回して着雪を防止します。

FUJITSUの寒冷地仕様のエアコンの霜取りについて

  前もって強めに暖めておくことで、霜取り運転中もお部屋の暖かさをキープします。
  除湿時間を約33%短縮。除湿力はそのままに素早く快適運転にもどします。

各メーカーのエアコンの寒冷地仕様の特徴その他

MITSUBISHI(ズバ暖・霧ヶ峰)の寒冷地仕様のエアコンの特徴その他

ユーザー満足度約94%です。

室温キープシステム
  状況によっては、通常の霜取りを行う事があります。その場合は、霜取りの前に
  あらかじめ室温を上げることで、霜取り中の室温の低下をおさえます。

室温5℃から、15分で20℃までたちあげます。 

PANASONIC(フル暖・エオりア)の寒冷地仕様のエアコンの特徴その他。

すぐ出る暖房
  寒い朝、運転ONする時間帯をエアコンが学習し、SWを入れたら、すぐに温風スタート
  します。(条件・・午前3~10時の暖房on時・・余熱運転により約300Wの電力を消費
  します。

ロング・ワイド気流
  部屋の遠くまで、そして真横まで暖か

キープ暖房
  暖房を切ると室温が、下がり切ってしまい、暖房を再開しても、なかなか温まらない
  とゆう時に。部屋が冷え切らないように、室温約10℃をキープします。

HITACHI(メガ暖白くまくん)の寒冷地仕様のエアコンの特徴その他

ロング気流
  遠くまで温風を届けます。

スピード暖房
  室温7℃から約11分で足元が20℃になります。

つつみこみ暖房
  室温が安定したら、風を感じさせずに暖かい。

TOSHIBAの寒冷地仕様のエアコンの特徴その他

秒速ダッシュ暖房
  リモコンのダッシュボタンで予熱設定しておくと、暖房をつけて30秒後に温風
  がでます。(電気代は増えます。)

Wビック・ルーバー
  3つのスイングモードで、大きな羽根が部屋にくまなく温風を届けます。
   【スイングモード・・ワイド気流・・スポット気流(風あて)・・
    スポット気流(風よけ)】

DAIKIN(スゴ暖・うるさらX)の寒冷地仕様のエアコンの特徴その他

外気温-25℃でも、運転可能。

FUJITSUの寒冷地仕様のエアコンの特徴その他

速暖
  リモコンで速暖を設定すると、早めに風量を上げて部屋を暖めます。

不在時の部屋の冷え込みを防ぐ為10℃の温度をたもちます。


   



  

  

  

 

 
  


 
  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です