お好み家電の探し方・・・エアコンのタイプ別についてのレヴュー編

こんにちは,itokoku.blogと申します。

家電修理歴35年の経験から、お好み家電の探し方を目指していきましょう。

ひと口にエアコンと言ってもそれぞれ、特徴を持っています。今回は大まかなタイプ別の

特徴をレビュウしていきましょう。

エアコンてどんなタイプがあるの

それぞれの特徴とメリットとデメリットを知りたいわ?

では解説していきましょう。

目次

1-フイルター自動お掃除つきのエアコンのレヴュー

  1-1メリットは何かな。

  1-2デメリットはあるかな?

  1-3まとめ

2-空気清浄機付きのエアコンのレヴュー

  2-1メリットはあるかな。

  2-2デメリットはどうかな?

  2-3まとめ

3-AIセンサー機能つきエアコンのレヴュー

  3-1メリットは何かな

  3-2デメリットどんなところかな?

  3-3まとめ

4-清潔に関してのレヴュー

  4-1良いところはどこかな

  4-2悪いところはどこかな?

  4-3まとめ

5-通常機能のみのエアコンのタイプのレヴュー

  5-1メリットはどうかな

  5-2デメリットはどんなところかな?

  5-3まとめ

6-寒冷地高温吹き出しタイプのレヴュー

  6-1良いところはどこでしょう

  6-2デメリットはどうでしょう?

  6-3まとめ

1-・・フイルター自動お掃除機能が付いたエアコンです。文字どうりひとの手を
    借りず自動でフイルターを掃除してくれるエアコンです。

1-1・・メリットは

  メリットは人の手を借りず自動でフイルターの掃除をしてくれることです。めんどうしい

  にはありがたいです。

1-2・・デメリットいきましょう。

  1余分な電気代がかかります。

  2エアコン自体の値段が上がります。

  3リビング等台所とつながっている部屋で使う時、料理の油成分がフイルターに付着し

   この油がフイルターに付いた時ゴミが付着し自動フイルター機能ではゴミを取り切れなる

   可能性があります。お気お付けあれ。

1-3・・まとめ・脚立やいすに登れるならワンシーズン2回位ご自分で掃除するのが、一

         番だと思いますがどうでしょう。まあ私の個人的な意見ですけど。

         そして、汚れはフイルターだけではありませんファンもその風のとうり道

         も汚れます。最終的には、使用されているお客様か、業者に、頼んで掃除

         する事になります。部品が増えることのよって故障率があがります。

         

        

2-・・空気清浄機付きのエアコンのレビュウです。

2-1・・メリット

   部屋の空気がきれいになります。

   ほこり、花粉、PM2.5、とかにアレルギーを持った方には良いですね。

2-2・・デメリット

   電気代が余分にかかります。

   特殊フイルターを使っていれば交換が、必要になります。

   エアコンの性質上、上の方から空清のかかった風がきます。人がすわっている

   所まで上手く空清風が届くといいのですが。あと値段もあがります。

2-3・・まとめ・本当に空気をきれいにしたいなら、私だったら空気清浄機を別に

         かいます。人の座ってる場所に空清の風がきます。

3-AI・・(センサー)のついたエアコンのレビュウです。

3-1・・メリットです。

   赤外線センサー(熱検知)で熱を検知し、人、及び壁等の熱を検知、風・冷機・温風等を

   制御して快適に空調できます。

3-2・・デメリットです。

   快適ですが、エアコン自体の価格はあがります。

   人の温度を測るのに穴があり、エアコンの真下等測定できない死角が出来ます。

3-3・・まとめ

   今はほとんどのエアコンについていますが、簡単なのから、高級タイプまで様々です。

4-・・清潔に関してのレビュウです。

  自分で簡単に分解して、掃除出来るのから、ほこりのつきにくい素材を使ったものまで

  さまざまです。

4-1・・メリット

  各メーカーは清潔には気を使っていてなかなか良いものをだしています。

4-2・・デメリット

  それ相応の高級タイプについています。

4-3・・まとめ

  各メーカー良いものを出していて高級タイプに多いです。

5-・・通常機能のみのエアコンです。冷房・除湿・暖房の基本性能しかついて 
     いないタイプです。

  

    

5-1・・メリット

  とにかく冷やせればいい、除湿・暖房しかいらないという方にはよいです。俗にゆう

  ベーシックタイプと言われるものです。価格は安価です。

5-2・・デメリット

  各メーカーが売りに出してる物が入っていません。清潔とかセンサーとかです。

5-3・・まとめ

  一番安いです。シンプルなものは壊れるところが少ない為、買い得かもしれません。

6-・・寒冷地高温吹き出しタイプのエアコンのレビュウです。

  寒冷地にお住まいの方には最適です。外気温が相当下がっても、吹き出し口からは

  相当の温風が出ます。

6-1・・メリット

  世界情勢不安定でエネルギーが高騰していますが、エアコンは電気で動くため

  灯油等より安価で済みます。ストーブとの併用でも良いと思います。

6-2・・デメリット

  相当な寒冷地に住んでる方はきびしいかもしれません。

  豪雪地帯の方室外機が雪に埋もれないような工夫をしなければいけません。

6-3・・

  ストーブ・ボイラー等がまだまだ多いと思いますがエアコンとの併用で灯油等

  が浮くことも考えたらありかも?

今回はこれでまたお会いしましょう。

    

   

   

    

 

   

     

          

   

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です